浜松で着物(きもの)・振袖をお探しのお客様へ|和福屋はお客様の「きものを楽しむ」お手伝いをいたします

ホーム

きもの豆知識

小物

初夏を楽しく乗り切るきもの肌着!【浜松】


きもの豆知識

きもの豆知識

いつか着たい

ホーム

きもの豆知識

小物

初夏を楽しく乗り切るきもの肌着!【浜松】


初夏を楽しく乗り切るきもの肌着!【浜松】

装飾ライン

2021.05.11

[小物]


暑い夏を乗り切るきもの肌着をご紹介♬
これで夏のお悩みも解消です(^^)/

【肌着】
肌着には夏・冬用があり、夏用は裾が絽になっていて軽やかに着られます。
以前は着物は『季節で着る』決まりがあり肌着もそのルールに沿って選んでいました。
しかし現在は『気温で着る』スタイル。
地球温暖化により暖かい時期が長くなり、単衣を選ぶ機会が増えてきました。
固定概念にとらわれず洋服と同じようにその日の気温に合わせてコーディネートすると気持ちよく過ごせます。

【伊達締め】
長襦袢と着物の衿合わせを美しく保つために使用する伊達締め。
種類が豊富で素材によって着心地やメリットが様々ですね。
正絹やゴムタイプは着崩れにくいとか簡単便利というメリットがありますがどうも蒸れてしまいがち。
一方、写真の伊達締めは理想の衿を保つことはさることながら、メッシュタイプなので体に負担をかけません。
ただし、スレやすいたれもの(訪問着や色無地など)に使用する際は十分ご注意ください。

【帯板】
こちらはメッシュタイプの帯板です。
通気性に優れ蒸れを防止してくれるので、夏場でも快適に着物を着られます。
ただし、ナイロンタイプはかなり柔らかいので名古屋帯や袋帯を結ぶ際に前腹のハリに物足りなさを感じる方もいらっしゃるかもしれません。
そんな方におすすめなのは、天然素材『へちま』を使用した帯板です。
通気性に優れていて涼しいことはもちろんのこと、ナイロンタイプに比べ全体にハリがあるので美しい気姿を演出できます。
通常の帯板よりも横長で帯の脇のシワが気になりません。
お手入れも楽チンで使用後は干して湿気を飛ばすだけです。

【帯枕】
帯枕に使われる素材は綿や化繊が一般的ですが、夏にぴったりなのが『へちま』!
へちまは吸湿性・通気性に優れており、背中の蒸れを軽減してくれます。
さらにほかの帯枕と比べても段違いの軽さ。
横長なのでお太鼓結びはシャープな仕上がりに。

いかがでしたか?
普段使っている小物を変えてみるだけで着心地ってずいぶん変化するものです。
夏もきものを楽しむためにぜひ参考にしてみてくださいね♬


また、単衣のコーディネートもご紹介していますので合わせてチェックしてください!(^^)! 


さらに、楽な着付けに関してはこちらもチェック
↓ ↓ ↓
1日着ていても「楽な着付けを教えます♪」和福屋着付けサークル!



【お問い合わせ】
ご来店予約やお問い合わせは、下記にお電話ください。

和福屋

053-411-6954
URL
http://www.0298.jp/shop/index_h.php
業時間 10:0018:30)

装飾ライン
装飾ライン
和こものオンラインショップ ひより

お問い合わせはこちら

浜松店 和服屋

店舗詳細ページへ

053-411-6954

営業時間/10:00〜18:30 店休日/水曜日

〒435-0048
静岡県浜松市東区上西町1020-1
浜松プラザ・フレスポ 2F

来店のご予約

メールでのお問い合わせ

きものメニュー

  • 着付けサークル
  • お手入れクリーニング
  • 気軽にコーディネート
  • おすすめ小物

メニューをタップしてください